パーマを当てる時の心得!モテ男への道。

ボクは現在、短めに髪を切り、パーマも当てず、真っ直ぐ伸ばしています。せっかく髪型でお洒落をしても、マフラーを巻いて襟足が見えなくなったり、服の脱ぎ着の際に髪型が崩れてしまったりするので、冬は短くするのが定番です。

ただし、そのときに前髪は切り過ぎないように注意します。分け目の一方の前髪だけは、アンバランスにならない程度に長さを残しておきます。この髪がポイントです。冬は寒いのでニット帽やフェルト系ハットを被ります。

ただ短髪に帽子を被ると、髪の毛が無いような、帽子の下に顔がずんぐりと丸くついている印象になってしまいます。しかし、前髪があると、それをふわりと外に出すことで、見えない部分の髪の遊び感をイメージさせることもできますし、帽子と組み合わせたときのシルエットもまとまります。

短く切っているおかげで、室内に入って帽子を脱いでも、帽子の形に髪が崩れていることはありません。髪のセットは適当でも、帽子の中にあるうちにちょうど良く押しつぶされますし、セットが楽で見栄えもいい、コスパ最高なのが短髪+ちょい前髪ヘアです。

でも、また冬が終り夏になるころにはもう少し髪を伸ばしたいと思います。男性のヘアスタイリングはワックス、ポマードがほとんどですが、そのまえにボクはパーマをあてます。まだパーマを当てたことが無いころ、何となく自分の顔が子どもっぽくて好きになれませんでした。髪もストレートで、丸顔なので、ボーリングの玉のような頭で、可愛がられることがあっても、男らしさは皆無だったように思います。

でも、パーマを当てただけで変わりました。顔のバランスがよくなって、男らしさを自分で感じました。髪形一つでこんなに変わるのかと驚いたものです。それ以来、暖かい時期は、暑いのに矛盾しているようですが、少し髪を長くして、パーマをあてます。

特に頭頂部と襟足は強めに巻いてもらい、何もしなくても台形のようなシルエットになるようにします。そして、ワックスで束感を作れば完成です。夏場も帽子をかぶることがありますが、麦藁帽子なんかは外す機会も多いですし、中が透けて見えるタイプの物もあります。

だから、帽子の中も気を抜かずに、しっかりした髪型を作っておきます。あるとき、女子高生がカッコイイとウワサして振り向いてくれたときには、とても嬉しかったのを覚えています。天然パーマの子なんかはわざわざパーマをあてる意味が分からないと言いますが、全体的によれよれっとしたパーマを当てて、要所要所を強く巻いてもらうと、外出するのが楽しくなる髪型になります。

でも、一度だけパーマを失敗したことがあって、「大阪のおばちゃんみたい」と言われたのはショックでした。パーマは使えるツールだけど、失敗には注意が必要ですね。

ベリーショートな髪型はスーツに一番良く合う!

私の今の髪型はベリーショート。横、襟足はすっきりと刈り上げて、頭の上は不揃いな感じに仕上げています。ワックスをつけて少しクシャッとした感じにするとオシャレ感が増してきます。もうこの髪型にして10年以上は経つでしょうか。私はサラリーマンなので普段はスーツを着て仕事をしています。

なので、この髪型はスーツ映えすることを意識してるんですね。いちど、髪を伸ばした事があるんですが、やはりスーツ姿にはあまり似合いません。やっぱりスーツを着るサラリーマンの髪型は清潔感を出す事が一番だと思います。

以前までは同じ美容院の同じ担当の人に切ってもらいました。けれども、正直に言うといつも自分のイメージどおりには仕上げてもらえません。特に上や前の髪の毛の長さはショートながらも不揃いに仕上げてもらいたいのですが毎回、長さもまちまちになってしまいます。

不揃いと言ったのにほぼ綺麗に長さがそろった感じでカットされてしまう時もあります。私はもみあげにもこだわりを持っていて、喘ぎわから刈り上げたようにカットしてもらえると髪型全体が引き締まった感じになります。

けれども、もみあげは短いほど毎日伸びてきて刈り上げ感が日に日に無くなってきてしまいます。だから私は毎日、もみあげの部分は自分ではさみを使って刈り上げ感をキープするようにしています。

そんな髪型に強いこだわりを持っている私ですが、とうとう人任せではなく、自分でカットするようになりました。その方が自分のイメージする髪型に間違いなく出来るからです。リビングに大きな姿鏡を二枚用意して、後頭部は二枚目の鏡に写して自分で刈り上げていきます。

バリカンではなくハサミでカットしているんですよ。その方がカットしたラインが滑らかになります。頭の上は、すき量の少ないすきハサミを自分で買ってきてカットしています。すき量の少ないすきハサミでカットすると不揃い感が私の理想通りになって、ワックスを塗って仕上げると無造作感がバッチリと出ます。

そんな感じで自分でカットするようになりましたので、最近ではカットする頻度は週一になりました。自分でカットするのでお金もかかりません。また、一週間も経つと髪の毛ってすぐに伸びてくるんですよね。

もともとがベリーショートなので伸びた感じも余計に目立ちます。ですから髪型にもの凄くこだわるあまり、私は週一で自分の髪型をカットするようになってしまいました。
今後、できれば、自分でパーマに挑戦したいと思っています。今より頭の上の部分を少しだけ伸ばして、全体的にゆるいパーマをかけます。その上で不揃いにカットするとさらに無造作感が出て良い感じになるのではと思っています。今よりも頭頂部の髪の毛は長くなりますが、ゆるいパーマをかけるのでイメージ的にはそんなに重い感じにはならないと思います。

ツーブロックともみあげラインにこだわりの髪型

私は昔からツーブロックともみあげ部分にこだわりがあり、ヘアスタイルに関わらずずっと同じ状態をキープしています。ツーブロックについては髪の毛の長さに関わらずサイドは刈り上げています。

以前はサイドも伸ばしていましたが、私の髪質は剛毛でうねっているため、膨らみやすくボリュームが出てしまいます。そして髪の毛自体も横向きに膨らんでいくように生えてしまいます。特に雨の日や梅雨の時期はボリュームが出てしまい、帽子で押さえつけなくてはいけない時もありました。

しかし私は頭頂部が平らになっており、トップも潰れやすいです。そのため、少しでもサイドが伸びてくると横に広がり、潰れたアフロのような状態になってしまいます。以前は髪を梳いたりワックスで再度部分も生かしておしゃれしようとしました。

しかし、セットして少しでも崩れると一気に見ていられないほどの状態になってしまいました。また付き合っていた彼女からもサイド部分が膨らんでいることがダサいと言われ、友達に紹介できないからと振られてしまいました。

友達からも笑われたり見世物にされることも多く、とてもコンプレックスでした。そのため少しでもサイド部分が伸びないように常にツーブロック状態を維持しています。ツーブロックのこだわりについては出来るだけ一番頭頂部に近い刈り上げの境目部分が目立たないようにすることがおしゃれだと思っています。

そのため、生え際の剃り込み部分から延長線をひいたラインから下を全てツーブロックにしています。またツーブロックとの境目は少し伸ばして下すことで境目を目立たないようにしています。ミディアムほどの長さの時はセンター分けにしたり束ねてくくる・ショートヘアの時はトップを立てて菱形ラインを作るようにしています。

そしてツーブロックにしつつももみあげは顎のあたりまで伸ばすようにしています。私の輪郭はややホームベース状であり、正面から見た時にエラが張ったような状態です。以前は髪の毛を伸ばして輪郭を隠していましたが、風が吹いたときに流れてしまうと一気に目立ってしまうため、人からの視線がとても痛かったです。

また隠すほどに目立つため、ツーブロックでオープンにしていました。しかし少しでも目立たなくするためにもみあげを顎まで伸ばしてフェイスラインを隠すことにこだわっています。そのため長さはその時々で変わり、それに合わせて髪型もアレンジしていました。しかしツーブロックともみあげは何年も変わらずこだわっています。

襟足命!襟足長めの髪型に対する俺のコダワリ!

自分のこだわりは襟足の長さです。高校生の時から襟足は絶対長めです。

子供の頃からプロレスが大好きな自分は、プロレスラーのイメージから襟足は長めという風に勝手に決めてきました。全体的にもロングが大好きな自分ですが、全体の長さが長いほど、襟足はもっと伸ばそうと思っています。プロレスラーと言っても、昔ながらの全体が短く襟足だけが長い髪型ではありません。サイドはツーブロックにして襟足は長めとか、髪を結んでハーフアップにして襟足は長めなどです。

自分はずっと昔からこの髪型にしようと決めた有名プロレスラーがいます。それは棚橋弘至選手です。棚橋選手のこだわりはまさに襟足なのです。その憧れもあります。また遠くから見た髪型はまさに女性のような長さなのです。それがまた非常にカッコ良く見えました。

髪が長く襟足がさらに長いと躍動感が出ると思っています。仕事などで動き回る自分は、その躍動感で少しの自信と少しの楽しさが感じられるのです。ただ、自分は天然パーマに近いクセっ毛なのです。髪を伸ばしたり、襟足をさらに伸ばすとなると、すごいパーマがかかってるようになります。周りからも「パーマかけてるでしょ」と言われるくらいクセっ毛です。ここが非常に惜しいところでもあります。自分の理想は髪がストレートでロングなのです。理想からかけ離れてしまっているので、毎日ドライヤーなどでごまかしています。

やはり、クセっ毛の人が髪を伸ばすと老けて見えますし、髪もボサボサに見えます。それでも髪を伸ばすことや襟足を長くすることはもう変えることは無いので、それでも良いと思ってずっと伸ばしています。

よく周りを見ても、襟足が長い人は居ないので自分をアピールするには良いかなと思っています。自分のクセっ毛を利用して襟足がクルクルとなって、キャップなどを被ったりすると、自分の理想の男性に慣れている気がします。なかなか男性でそういう髪型は、顔が余程格好良くないと受け入れられませんが、それでも良いのです。髪型は自己満足なのでずっと貫こうと思っています。

周りからよく「長ぁーい」とか「女みたい」とか「切りなよ」とか言われます。でもそれは自分からして全て誉め言葉であります。なので今後は、自分が思っている以上にもう少し襟足を伸ばしてみようかと思っています。何となくいつも肩甲骨に襟足が掛かると整えて切り出しますが、それ以上に伸ばして敢えてパーマをかけてどうなるかチャレンジしてみようと思っています。

とはいえ、最近気になるのが髪のボリュームです。薄毛対策も同時に行っていかなくては!!

ハゲるのはまだ早い!薄毛を諦めない人のためのお役立ち情報。

26歳の営業マンがこだわっている髪型とは!?

私の年齢は26歳、男性で営業職をしておりますサラリーマンです。職業柄、身なりには日々気にかけております。スーツはもちろん、髪型はその人の見た目を左右する重要な部分ですので、私のこだわりについて説明します。全体的に見ると、ショートヘアです。

1点目は前髪部分です。大体の男性は、あてはまると思いますが、前髪が長く、おでこを隠す髪型はその人の印象を暗く見せることがよくあります。私は、営業ですので、第一印象が命です。特に、私はあまり顔が派手なほうではないため、非常に気を使っております。

実際に、ある日、その日の気分で前髪を下した状態で出勤し、お客様先へ行くと、暗いと言われました。その日は10件ほど、お客様先へ行きましたが、すべてのお客様に言われました。前髪は上げて、おでこを出したほうが良いです。

2点目は、耳と首周りです。私は、耳には髪がかぶらず、首回りは刈り上げております。これも清潔感を保つためです。年が若いと、もみあげや襟足等を少し伸びた状態のほうがかっこいいと思われる方が多いです。しかし、スーツを着た際には、少し長めの髪型より、短いほうが大人っぽく見えます。とはいうものの、首回りや耳周りをすっきりし、刈り上げ、奇抜なツーブロックは相手を不快にさせます。その境界線は、カットするときに私はしっかり伝えております。

3点目は、トップの髪の長さです。全体的に短くとオーダーすると、後ろや横に合わせて、トップも短くなりがちです。坊主に少し髪が生えたような髪型に陥ります。その髪型が悪いとは言いませんが、私は少しおしゃれにも気を使っており、なおかつ清潔感がある髪型を目指しておりました。そのため、トップは少し長めです。

ここで注意が必要です。伝え方を誤ると、韓国の歌手のようなポップな髪型になります。ボリュームは少なく、長さは少し長めのオーダーが間違えないでしょう。私はカットする際に参考にしているのは、サッカーのアルゼンチン代表のメッシ選手です。奇抜な髪型をしているときもありますが、大体は短髪でおしゃれです。

3点のこだわりを説明させて頂きました。私は営業職ですので、周りより意識する部分もありますが、大人になってくれば男性は、黒髪の短髪が王道であり、間違えありません。短髪の中でも、前髪を下す髪型もありますが、私は前髪をあげて、おでこを見せる髪型がおすすめです。少し顔が地味な方でも、明るい印象を与え、出会いが増えると思います。

43歳オッサンのこだわりヘアー!「ミディアムヘアー」

私は現在43歳。
世の中的には「おじさん」と括られる世代の年齢となった。
本人の中身的には、28歳くらいからあまり変わっていない気がするのだけれど、周りはそうは見てくれない。
当たり前の事ながら。

見た目的にも、顔のシワも増え、皮膚のたるみや劣化はどうしても否めない。
当然、自分の似合う髪型、というものも変わってくる気がしている。

現在私は、ミディアムヘアで、前髪は目にかかるくらい。
6:4分けくらいにして、右側を下ろし、左側を上げている(耳にかけるような感じ)。
何年もお願いしている美容師さんと相談して、この髪型になった。

若い頃はずっとショートヘアだった。
逆に今、ショートヘアだと、自分の顔立ちだとしっくりこない気がする。

余談だが、20代の頃、ソフトモヒカンが流行った時期があった。
ソフトモヒカンにしたいと思い、たまたま入った美容院でお願いしたら…
キューピーみたいな髪型になった苦い思い出がある。

今の髪型、もし20代の頃の自分がやっていたら、絶対に似合っていない自信がある。
多分、「ムリにカッコつけている感」が、過剰に出てしまうと思うのだ。

襟足はスッキリと刈り上げて、重くならないようにしている。

あえてこだわりと言えば、もみ上げは耳株(耳の前側の出た部分)より下の位置まで伸ばさないようにしている。

というのは、私はもみ上げが太めで、しかも顔がかなり濃いからだ。
もみ上げがあまりに長いと、黒色の面積が大きすぎて、ものすごく「クドイ」印象になってしまう(気がする)。
「ちょっと伸びてきたな」と思ったら、バリカンでマメに整えるようにしている。

それだけでも、だいぶ「おじさん感」は軽減できる。

40代は顔に落ち着きが出るので、あまりに髪やもみ上げが伸び放題だと、「疲れた人」、「冴えない人」のイメージが付きやすいと思う。
毎週美容室に行くのはムリでも、自分でできる範囲で整える事は必要だと感じている。

これからの自分の髪型を考えると、髪型ももちろんだが「白髪どうする?」問題がある。
以前は数本見つける程度だったのが、だんだんと増えてきて、普通にセットしてもちらほらわかるようになってきた。

もうしばらくしたら、白髪染めをする事になると思うが、それでも増えてきたら、逆に全部をグレーに染めるのもチャレンジしてみたいと思っている。

もし黒髪のまま行くなら、中井貴一のようなスーツも似合う髪型にも憧れる。

歳を重ねても、「清潔さ」と「ダンディさ」を併せ持つ髪型、スタイルでいたい、と強く思っている。

後頭部絶壁をカバーする髪型とは!?私が生み出した方法!

私が髪型を意識してセットし始めたのは、中学生の頃です。ちょうどその頃、私の周りの生徒達も異性に対して強く関心を持ち始め、誰が一番おしゃれかを競っていました。

私はどちらかと言うとおしゃれではない、モテない組に属していたので意識し始めたのはかなり遅い方でした。しかも私は頭の形が悪くて、後頭部絶壁で頭頂部もボリュームがないのでなにもしてないといじられる的になりました。私がそのときしていた髪のセットの仕方は、まず頭を濡らしてタオルドライした後に、頭を下に向けて後頭部にドライヤーを当てるだけというものでした。

後頭部にとても強いコンプレックスを持っていたので、その部分だけを朝直して学校に通っていました。それでも後頭部の絶壁は隠せていなかったのでいじりはありました。しかし当時はそれで満足していました、今思うととても恥ずかしかったなと反省しますが。散髪屋さんには特にこだわりはなかったですが、後頭部の絶壁を隠す為にカリアゲにしていました。

高校に進学すると、周りはますますおしゃれになっていきました。ワックスを付けたりして髪を立てたりしていましたが、私はワックスの付け方が分からなかったので毛先にちょっと付けるだけでした。

もはや何者かもわからない髪型でした。高校卒業後は都会の専門学校へ進学しました。私はそこでカルチャーショックを受けました。なぜならクラスの半分以上が髪型をワックスで整えていたからです。

どうしたらいいのかわからなくなりどうでもよくなったので、これまで通りのヘアースタイルを通しました。しかしコンプレックスは強まる一方でした。専門学校を卒業して社会人になると、髪型をあまり気にしなくなりました。

仕事が忙しくてそれどころではなかったからです。しかしコンプレックスは消えずなんとかできないかと悩んで、思いきって美容室にいってみました。すべてがおしゃれな美容室は異世界の感覚でした。

はじめての美容室でしたので担当者の方のお任せにしました。仕上がりは最高でした。コンプレックスである後頭部は絶壁がうまく隠せていて、頭頂部もボリュームがあり自然な仕上がりでした。その時にお世話になった美容師さんには、今でも切ってもらっています。

そして現在の髪型は、ツーブロックにパーマを当てた髪型にしています。自分で雑誌などをみて、似合いそうな髪型を探しまくりようやく自分に似合う髪型を見つけたのです。かれこれ5年以上同じ髪型です。

こだわりは後頭部のパーマ感です。ワックスは軽くくしゅくしゅするだけで決まります。美容室にいく度にパーマを必ず当てます。髪型で人生観も変わりましたし、その美容師さんには本当に感謝しています。次は、EXILEみたいな髪型にしてもらおうか考え中です。

丸刈り、坊主頭に対する私のコダワリ。

私の髪型に関して記載します。ズバリ坊主頭・丸刈りです。いつも6ミリのバリカンで頭を刈って散髪時には見事に坊主そのものになります。
理由としては髪質にあります。私の髪はくせ毛が強く、また髪の毛の量が多いのも自身の特徴です。加えて伸びる時期が早く、6ミリで坊主になっても2ヶ月後には伸びて寝癖がつくほどまで成長します。
コスト面での事を考えると、私の近所に床屋が何軒かありますが、結構高額です。3500円~4000円と店にもよりますが結構な金額を取られます。また、床屋に行った場合はスポーツ刈りとなるのですが、髪の癖が強い為一月程で伸びてしまい結果毎月床屋に行くことになります。年間42000円~548000円の出費となり、結構な額を床屋に払うことになります。付け加えるとスポーツ刈りも丸刈りもそんなに差はないと思います。
床屋は仕事柄、休日に行くことも多いのですが、土日の床屋はいつも満員で1時間~3時間程待つことになります。雑誌や新聞、TV等あるのですが、この待つ時間が結構大変なこともあります。
最近1000円~2000円の格安の床屋もあるのですが、取扱いてきには髪の長さが整っていなかったりで結果あまり良い印象がないのでそちらの利用は避けております。また、髭剃りや襟足を剃ってもらえますが、格安店では剃り残しがあったりした経験上行く気にはなれません。
丸刈りになるにはですが、散髪する場所は決まって自宅です。準備するものは電動のバリカン、掃除機、襟足を整える為のカミソリ以上です。
散髪は自宅の風呂場で行います。鏡もついており自分を見ながら散髪できるからです。私の場合はほぼ素っ裸になって散髪を開始します。鏡を見ながらバリカンを自身で入れて刈れるところまではやります。
どうしても自身の手の届かない部分がでてくるのですが、そこは家族にお願いし届かない部分を刈ってもらいます。また襟足を揃える意味でバリカンで仕上げたあとカミソリで剃ってもらいます。
散髪後は掃除機で髪を吸上げ、極力排水口に流さないようにします。自分の体についた毛もそのまま掃除機で直接吸い上げます。
所要時間にして散髪を開始して30分以内で丸刈りが完成します。散髪の後はそのままシャワーか風呂に入るので、散髪後は体も洗えてとても清々しい気持ちになれます。
仕事は営業職ですが、この丸刈りが代名詞となりお客さんに顔を覚えられるメリットがあったりで髪型的には非常に気に行っております。
時間、コストパフォーマンス、手軽さではやはり坊主では無いかと私は思います。 また外出の際、冬だと坊主は寒いのですが、帽子等をかぶることによりおしゃれになることも有り、この点でもコーディネートと連携し良いことではないかと思う次第です。
髪型にこだわる、セットも不要、時間も短縮ということを考えると丸刈りが一番良いのではないでしょうか。髪を伸ばしていたころは髪を整えるだけで10分程度掛かってました。朝の10分は大変貴重です。
手入れいらず、金要らずな丸刈りこそ私にあった髪型そのものなので引続きこの髪型を続けたいと思います。