ツーブロックともみあげラインにこだわりの髪型

私は昔からツーブロックともみあげ部分にこだわりがあり、ヘアスタイルに関わらずずっと同じ状態をキープしています。ツーブロックについては髪の毛の長さに関わらずサイドは刈り上げています。

以前はサイドも伸ばしていましたが、私の髪質は剛毛でうねっているため、膨らみやすくボリュームが出てしまいます。そして髪の毛自体も横向きに膨らんでいくように生えてしまいます。特に雨の日や梅雨の時期はボリュームが出てしまい、帽子で押さえつけなくてはいけない時もありました。

しかし私は頭頂部が平らになっており、トップも潰れやすいです。そのため、少しでもサイドが伸びてくると横に広がり、潰れたアフロのような状態になってしまいます。以前は髪を梳いたりワックスで再度部分も生かしておしゃれしようとしました。

しかし、セットして少しでも崩れると一気に見ていられないほどの状態になってしまいました。また付き合っていた彼女からもサイド部分が膨らんでいることがダサいと言われ、友達に紹介できないからと振られてしまいました。

友達からも笑われたり見世物にされることも多く、とてもコンプレックスでした。そのため少しでもサイド部分が伸びないように常にツーブロック状態を維持しています。ツーブロックのこだわりについては出来るだけ一番頭頂部に近い刈り上げの境目部分が目立たないようにすることがおしゃれだと思っています。

そのため、生え際の剃り込み部分から延長線をひいたラインから下を全てツーブロックにしています。またツーブロックとの境目は少し伸ばして下すことで境目を目立たないようにしています。ミディアムほどの長さの時はセンター分けにしたり束ねてくくる・ショートヘアの時はトップを立てて菱形ラインを作るようにしています。

そしてツーブロックにしつつももみあげは顎のあたりまで伸ばすようにしています。私の輪郭はややホームベース状であり、正面から見た時にエラが張ったような状態です。以前は髪の毛を伸ばして輪郭を隠していましたが、風が吹いたときに流れてしまうと一気に目立ってしまうため、人からの視線がとても痛かったです。

また隠すほどに目立つため、ツーブロックでオープンにしていました。しかし少しでも目立たなくするためにもみあげを顎まで伸ばしてフェイスラインを隠すことにこだわっています。そのため長さはその時々で変わり、それに合わせて髪型もアレンジしていました。しかしツーブロックともみあげは何年も変わらずこだわっています。