26歳の営業マンがこだわっている髪型とは!?

私の年齢は26歳、男性で営業職をしておりますサラリーマンです。職業柄、身なりには日々気にかけております。スーツはもちろん、髪型はその人の見た目を左右する重要な部分ですので、私のこだわりについて説明します。全体的に見ると、ショートヘアです。

1点目は前髪部分です。大体の男性は、あてはまると思いますが、前髪が長く、おでこを隠す髪型はその人の印象を暗く見せることがよくあります。私は、営業ですので、第一印象が命です。特に、私はあまり顔が派手なほうではないため、非常に気を使っております。

実際に、ある日、その日の気分で前髪を下した状態で出勤し、お客様先へ行くと、暗いと言われました。その日は10件ほど、お客様先へ行きましたが、すべてのお客様に言われました。前髪は上げて、おでこを出したほうが良いです。

2点目は、耳と首周りです。私は、耳には髪がかぶらず、首回りは刈り上げております。これも清潔感を保つためです。年が若いと、もみあげや襟足等を少し伸びた状態のほうがかっこいいと思われる方が多いです。しかし、スーツを着た際には、少し長めの髪型より、短いほうが大人っぽく見えます。とはいうものの、首回りや耳周りをすっきりし、刈り上げ、奇抜なツーブロックは相手を不快にさせます。その境界線は、カットするときに私はしっかり伝えております。

3点目は、トップの髪の長さです。全体的に短くとオーダーすると、後ろや横に合わせて、トップも短くなりがちです。坊主に少し髪が生えたような髪型に陥ります。その髪型が悪いとは言いませんが、私は少しおしゃれにも気を使っており、なおかつ清潔感がある髪型を目指しておりました。そのため、トップは少し長めです。

ここで注意が必要です。伝え方を誤ると、韓国の歌手のようなポップな髪型になります。ボリュームは少なく、長さは少し長めのオーダーが間違えないでしょう。私はカットする際に参考にしているのは、サッカーのアルゼンチン代表のメッシ選手です。奇抜な髪型をしているときもありますが、大体は短髪でおしゃれです。

3点のこだわりを説明させて頂きました。私は営業職ですので、周りより意識する部分もありますが、大人になってくれば男性は、黒髪の短髪が王道であり、間違えありません。短髪の中でも、前髪を下す髪型もありますが、私は前髪をあげて、おでこを見せる髪型がおすすめです。少し顔が地味な方でも、明るい印象を与え、出会いが増えると思います。